by

引っ越した時に注意する事

引っ越しが決まったら、今、住んでいる家の電気、ガス、水道、電話などの停止の手続きをしなければなりません。そして、新しく住む家の電気、ガス、水道、電話などの開始の手続きも同時に行わなければなりません。 そこで、気を付けなければならないのが、まずは、ガスです。 今、都市ガスを使っている場合、引っ越した先がプロパンガスだった場合は、プロパンガス用のガスレンジを買いなおさなければなりません。 それに、プロパンガスは、都市ガスに比べて高い事を頭に置いておいたほうがいいです。 そして、ガスの契約の際には、ガスレンジとガス栓をつないで、安全に使えるかテストしてもらうので、立ち会いになります。 電話ですが、電話だけでなく、インターネットを一緒に利用する場合、今までの契約のままでは使えない場合もあるので、早めに新居のインターネット環境を調べておいたほうがいいと思います。 そして、引っ越しをする日、新居に荷物が入る前に、家の中をすみずみチェックしましょう。 なぜならば、引っ越す前についている傷や、よごれ、へこみなどを事前にチェックして、不動産屋へ報告しておいたほうがいいからです。 このチェックをせずに、また引っ越しするようになった場合、自分が住む前についていた傷やよごれ、へこみなどの補修代を請求される場合があるからです。 もし、高額な補修代を請求されても、自分が住む前についていた傷だと言っても、信じてもらえない場合があります。 自分がつけていない傷の代金を支払うようにならないためにも、荷物を入れる前に、傷や、よごれ、へこみなどがないか、チェックしましょう。

Write a Comment

Comment