by

実家を出て自分の家を持つことについて

大学生になったり社会人になったりすると、実家を出て自分の家を持つことになる人が多いと思います。はじめは賃貸という人もいますし、いきなりローンを組んで買ってしまうという人もいます。一人暮らしをしはじめるとなると、家具を揃えたり引越しの準備をしたり、いろいろ大変なことも多いと思います。と同時に、新たなる門出に心が躍るかもしれません。ただし、兄弟が多い家は、将来的に誰が実家を守ってゆくのかなどについて、早いうちに話し合っておくほうがよいと思います。若いうちはそのようなことは放っておいてしまうかもしれませんが、先々、兄妹の間でもめることがないように考えておきましょう。もちろん、地域によっては当然長男が全てを継ぎ、全てを守ってゆくという風習がある場合もあると思います。しかし都心では比較的、話し合いでなるべく兄弟が平等になるように決めることが最近は多いようですね。ところで、家というのはどこに建っているかによってかなり使い勝手が異なります。都心の交通の便が多いところであれば、会社勤めの人が住むこともできますが、都心から遠くはなれた土地にある家だと、なかなか会社勤めをしながら住む事が難しいかもしれません。そのような意味で、どこに実家があるかによって、将来的にその実家に住むのかどうかが左右されるでしょう。

Write a Comment

Comment